So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

お知らせ

昨年、年明けにある人に本をプレゼントされました。
それをきっかけに、とにかくたくさんの本を読むようになった私。

今では自他共に認める本の虫です。
ただ読むだけではつまらないと思い立ち、
自分の記録用も兼ねてまた新しくブログを始めました。
もし良かったら覗いてくださいね。
http://campos.blog96.fc2.com/


帰国して一ヶ月。

27日で帰国して早くも一ヶ月が経ちました。

東京の雑踏の中にいても時々フラッシュバックのように
シドニーの空や海の青を思い出します。
まだ、完全にはシドニーを思い出にできなくて、
時々無性に帰りたくなったり、恋しくなったりしていますが
どこにいても私は私!
と胸を張って言える私になれるように模索中。

ちなみに昨日から働き始めました。
まだ早かったかも・・・とちょっと後悔もありますが、
揉まれて慣れていくしかないかな・・・?

ということで、とりあえず、はっぴーシドニーワイフ!?生活はおしまい。
これからは、一番のはっぴー大宮ワイフ!目指して
私なりの方法と視点で私なりの幸せを見つけて行きたいと思います。
では、みなさんもお元気で!


ボランティア終了。 [シドニー]

昨日をもって昨年10月から続けていた
日本語教師アシスタントが終了!
きっと終わったときには感無量・・・になるはずが、
メインの先生が病欠で、もう一人のアシスタントと一緒に
授業をすることに・・・。
終わったときには感無量、どころか全身クタクタ、意識朦朧。
最後まで、気の抜けないボランティアになりました。(笑)

でも約一年、一緒に勉強してきたyear9の3人が
お花やお手紙、チョコレートをくれたり、
上手とは言えない日本語で「ありがとう」とたくさんの生徒が
声を掛けてくれて、充実感いっぱい!

気が付けば帰国まであと10日。
引越しやら、送別会やらめまぐるしい日々の始まりです。


Melbourne&St Kilda♪

ヤラバレーから戻ったあと夕飯まで、そして翌朝、
ちょっと早く起きてメルボルンの街中をお散歩することにしました。
古い建物が多くてヨーロッパのような趣のある街、と
いろんな人に聞いたり、ガイドブックで読んだりしていたのだけど、
ほほ~、こういうことね。確かにヨーロッパっぽい!
(ヨーロッパには行ったことないけど・・・)

レトロな感じのトラム。そしてその駅。

路地裏のオープンカフェ。

街の至る所にある意味不明なオブジェ。(お財布です!)
こちらは今冬なので、余計にヨーロッパっぽく感じました。

そして、思ったより時間が余ったので
ちょっと足を伸ばして、トラムにのって30分St Kildaへ。
目的は、実はコーヒー。
オーストラリア第3位のカフェがここにあると、
今、コーヒーにはまっているだんなが何かで見つけ出し、
行ってみることになったのです。
“海沿いの小さな街”それが私たちの知っている
St Kildaのすべてだったのですが、着いてみると、
なんと、まぁかわいい!!道沿いにはカフェ、カフェ、カフェ!
そのどれも、こじんまりとしていてオシャレ。
めでたく私たちのオーストラリアお気に入りの街TOP3入り?です。
だんなの行きたいカフェは海沿いからはかなり離れていましたが、
無事にそこにも辿り着き、運良くサンデーマーケットも
見ることができました。
コーヒーはシドニーのお気に入りのカフェがやっぱり一番♪ですが、
楽しい旅行の気分も手伝って、とっても美味しかったです。
というわけで、夫婦最後のオーストラリア旅行も
無事終了しました。おしまい。


YarraValley

土日にメルボルンに一泊旅行に行ってきました。
一度行ったことはあったのですが、前回は
時間もなく、天気も悪く、主人の両親も一緒。
という3拍子が揃い、ほとんど何も見れなかったので
帰る前にもう一度!と思っていたのです。

一日目はYarra Valleyワイナリーへgo!
今回の最大の目的地は「Domain Chandon」。
でも、大抵一軒目はあまり乗り切れずに終わることが多いので
その前にもう一軒、ということで選ばれたのは「De Bortoli」。

「De Bortoli」はよくラベルを見かけていたし、飲んだことも、
Hunter Valleyのワイナリーに行ったこともあるのだけど、
正直、安いぐらいしか印象に残っておらず、
まぁ、有名なのでいっちょ行っとこか、という程度でした。
が!・・・・・・・・・・・おいちい♪
chardonnay2004→chardonnay2005→semillon→rieslingと
立て続けに飲み、デザートワイン、そして赤ワインを数種・・・。
一通り頂戴したけれど、最初の一本の味が忘れられず
chardonnay2004を1本購入しました。
お気づきかとは思いますが、銘柄が雑になっているのは
覚えてないからです。(笑)
ここのワインは味はもちろんどのワインも香りがとっても良く
店員さんの雰囲気、対応もナイスでお薦めです。

そして、地図や情報が何もなく、散々道に迷った挙句辿り着いたのは
憧れの「Domain Chandon」!

フランスの有名高級シャンパン「モエ=シャンドン」のいわば妹さんです。
イケメンの日本語ペラペラのお兄さんが対応してくれて、
もうそれだけでもポイントアップ!なのに、
そんなポイントアップはなんの意味もないくらい、美味。
ここでも私たちは無料で試飲できるスパークリングワインを3種、
ワインも数種頂戴し、その中から3本購入。
日本でも購入できる場所を教えてもらい、益々ご機嫌の私たち。
酔いを醒ます目的もあって、ここで昼ごはんにすることにしました。

が、しかし、メニューにはスパークリングワイン。
そして、5分後、私たちのテーブルの上にもスパークリングワイン。
あぁ、敵のほうが上手(うわて)。
簡単に負けてしまったけど、それでも幸せな
yarra valley半日ツアーでした。


創作意欲! [シドニー]

私の創作意欲は2年に一回くらい突然やってくる。
先月、友達がマフラーの作り方を教えてくれることになり
やってみたら結構おもしろくて、意外にちょっとはまりました。
でも、マフラー完成でとりあえず、編み物終了。

そして、先週から創作意欲が料理系に移ってきました。
ケーキやパンを作ったり、昨日は友達の主催する
お菓子教室にもお邪魔させてもらいました。
さすがに人の手を借りると出来映えが違います。

素敵!そして美味!
あぁ、できる人っていうのは本当にできるんだ~と
ただただため息をついて、パクパク食べて帰ってきました。
私の創作なんて、ほんとお遊びだわ。。。と思いつつ
創作意欲がメキメキ引いていきそうな予感がする
昨日、今日なのでした。
(お遊びでいいじゃん・・・と自分で書いてて思ったけど・・・。)

自己満足のパン。
では。


競馬。Part2 [シドニー]

シャンパンを飲んでいるうちに、
女性陣3人は早くも1レース見逃してしまい、
その間にも男性陣はなんといきなり全員勝利!

私も!と気合が入り、とりあえず次のレース馬券を買ってみた。
5番、6番、7番のどれかが1,2番になればいい、
というように賭けてみた。
結果は1位→5番、2位→6番、3位→9番。
やった~!ビギナーズラック!!と思ったのも束の間。
なんと買い方を間違えていた。。。
知らぬ間に5番、6番、7番が上位1,2,3位に
来なければいけない買い方をしていたらしい。
そういえば馬券を買う時に、おばちゃんになんか聞かれたけど
全然聞いたこともない単語で意味が分からず、
yeah...maybeとちょっと曖昧に返事をしたのを思い出した。
あぁぁ、あぁぁ・・・。いつまでたっても怠けてたから
英語の神様が怒ったに違いない。
すっごいショックでだんなに八つ当たりしたら、
友人達がひいてるのが分かった。・・・反省・・・。

気を取り直し、次のレース!
待ちに待った1勝♪
調子に乗って馬を見て馬券を決めよう!などと言って
パドックに行って見たりもしたのですが、
勝利の女神は2度は微笑んでくれませんでした。

結局、トータルでは完敗。
“帰国前に一儲け!”どころか“帰国前に一文無し”に
なるところでした。あぁ、賭け事って恐ろしい。

結局、仲間の中で勝ったのは1人だけ。あぁあ、なんてこった!
慣れないことはするもんじゃない。
と私の中のまじめな私が言う。
でも、こんな貴重な体験もうないだろうなぁ~と思うと
経験にお金を払ったということにしよう!と
妙に自分に都合よく負けたことを解釈できるのであった。
おしまい♪


競馬。Part1 [シドニー]

土曜日は競馬関係のお仕事をしている友人が私たちのために
“帰国前に一儲け!”と銘打って
競馬大会を企画してくれました。
集まったのはいつもの飲み仲間計7名。
こっちの競馬は日本とはちょっと趣が違い、
お金持ちの社交、たしなみといった感じらしい。
前日に男性はスーツ、女性は今年一番のオシャレをして集合!
とメールが送られてきて、ちょっと緊張。。。

そうは言っても競馬。なんてたって賭け事。
と高をくくっていた私は競馬場についてびっくり!
友人のつてでボックス席に入れたこともあり、
眼下に広がるのは社交界?私はお姫様??
踊らなくちゃいけないのぉ~と
一瞬勘違いしてしまいそうになるくらいの光景。
ドレスとスーツのいかにも金持ちそうな人たちが
シャンパンやビールを片手に語らっていたのです!

あぁ、大人の余裕。金持ちの気品。

ちなみに大学時代にサークルの人たちと
競馬に行ったことがあるのですが
その時はジーンズにTシャツ、サンダル、
たこ焼き片手に大騒ぎ!だったような気がします・・・。

とりあえず、シャンパンでも飲んで気分を落ち着かせて!
ということになり、バーカウンターへ。
目に付いたのは、いきなりドンペリ、モエ=シャンドン!
私たちは質より量なので、ドンペリの10分の1の値段の
1ボトルを友人3人で分けることに。
競馬場のバーなのに、ソムリエっぽいおじさまが
グラスが汚れていないか一個一個丁寧に確認してくれる。
なんなの!この世界!!

そんな感じで到着後30分くらい、何を見ても
ソワソワソワソワ、とっても落ち着きのない
ちんちくりんアジア人として、ある意味、
目立っていたかもしれません。
思い出したら、興奮して文が長くなってしまったので、
続きはまた明日にでも書きま~す!


モロッコ料理 [シドニー]

金曜日は友人お薦めのレストランに連れて行ってもらいました。
なんと、モロッコ料理!!
どんな雰囲気か、どんな料理が出てくるか
全く想像もつかず、行くまでソワソワ。。。

でも、とっても陽気な店員さんに迎えられ、一安心。
と思ったら、頭上から何か落ちてきた!!
モロッコ流の歓迎、フラワーシャワー(生花!)でした。
思いもよらぬ演出にのっけから気分はモロッコ♪
ところが、メニューをみてもイマイチ
どんなものなのかピンと来ず、友人の薦めで、
店員さんにメニューから適当にチョイスしてもらうことに。


出てきた料理はモロッコ風ディップ、モロッコ風お好み焼き?
モロッコ風海老のトマト煮込み、
チキンとラムのモロッコ風煮物、魚のモロッコ風煮物、
クスクス・・・etc。

勝手にモロッコ風でまとめてしまってゴメンなさい。
上手に説明できそうもなかったので・・・。
でも、どれもこれも、
どこかで食べたことがあるような、初めての味!
特にクスクスは実は今まであまりおいしいと
思ったことがありませんでしたが
ここのはフワフワで本当に美味しかったです。
きっと私にはいっぱいある、“食わず嫌い”。
未知の世界にも挑戦するべき!と悟った
モロッコ料理デビューでした♪


Berrima旅行 [シドニー]

土日で友人夫婦と小旅行に行ってきました。
シドニーから車で1時間半。
人口400人の小さな小さな田舎町、Berrima。

古いてかわいいレンガ作りの町並み。
こじんまり、でもセンスのいい雑貨屋さん。
絶品の手作りジャム、マスタードのお店。
焼きたてパンのおいしかったカフェ。
どこにでもありそうで、でも何か違うこの町は、
日曜日のこの日、どこからともなくやってきた人たちで
とても賑わっていました。

帰る前に行けてよかった♪友人夫婦に感謝!


前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。